幼児教育、家庭学習教材のポピー トップページポピーがめざす「教育」 > ポピーの特長4:全家研の支援

<ポピーの特長4:全家研の支援> そのほか疑問・ご相談に応える仕組みで 家庭教育をバックアップ

全家研では、「教育対話活動」という、ほかに類を見ないオリジナルな活動を行っています。

「教育対話活動」は、保護者と子どもが人生でぶつかるさまざまな悩みを、経験豊かな教育者や先輩である保護者が聞き、助言し、解決してゆく活動です。
その中心となるのは、豊かな教師経験を持つ「教育対話主事先生」。わが子のために何をすればいいのか迷い、焦っている保護者の方たちに声をかけ、悩みを聞き、助言や激励をすることが「教育対話主事先生」の役割です。
そして、「教育対話主事先生」を助け、協力しながら、より身近な相談役として、保護者の方や子どもと接するのが「教育モニター」なのです。

 教育モニターが教材をお届けする場合は、同じ保護者として相談にのってくれます。

全家研の支援

●子育ての悩み相談
文書・面接・電話・メールなどで保護者の方の相談に乗ります。
●学び方教室
小学・中学のお子さん対象。学年や内容に応じた勉強の仕方を教えます。
●小集会、母親セミナー
会員のお母さま方を中心に、支部や教育モニターによって開催。家庭教育に必要な情報を提供します。未会員の方が参加いただける会もあります。
●いろいろなイベント活動
会員・教育モニター同士の親睦のために、支部ごとに楽しいイベントを開いています。
●教育講演会
会員の方が対象。教育対話主事先生や、多彩な本部講師陣による家庭教育についての講演会です。

ページの上へもどる