幼児教育、家庭学習教材のポピー トップページ全家研について > 沿革

沿革

昭和48年1月 全日本家庭教育研究会発足、小学ポピー発刊。
4月 中学ポピー発刊。
昭和49年4月 各本部に教育相談室を開設。文書による教育相談開始。
9月 全国モニター代表者大会開催。(京都国際会議場)
11月 全家研の教育運動を「教育対話活動」と決める。
昭和50年1月 全家研教育対話主事会設立総会開催。
5月 この頃、各支部にモニター会結成。
9月 全国的に新聞広告。「伸ばそうすくすく尊いよい子」「子供には誰にでも無限の可能性があります。」の主張が世の注目を集める。
昭和51年4月 幼児用「よいこのポピー」発刊。幼・小・中一貫の家庭教育システムへの展望がひらける。
昭和53年4月 「こころの文庫」発刊。国民的教養の必読書と世の注目を集める。
昭和55年5月 平澤興先生が全家研総裁、鯵坂二夫先生が財団理事長に就任される。
昭和61年1月 PHP研究所と提携して、子育て誌「お母さんポピー」(隔月刊)発刊。
昭和62年4月 幼児の知育教材「ぐんぐんポピー」(年長版)発刊。
5月 子育て誌「お母さんポピー」月刊化。
平成元年4月 小学生新聞を「あそびんぴっく」として紙面刷新。
6月 全家研総裁・平澤興先生ご逝去。
7月 鯵坂ニ夫先生 第2代総裁にご就任。
平成2年4月 子ども英語月刊ビデオ「アップルポピー」グレードT発刊。
平成9年4月 2〜3歳児の月刊総合学習絵本「にこちゃんポピー」発刊。
平成13年4月 外山滋比古先生 第3代総裁にご就任。
平成17年10月 伊藤桂一先生 第4代総裁にご就任。
平成18年4月 幼児用「ポピっこドリるん」発刊。
平成19年12月 学習ソフト「わくわくDS1ねんせい」発刊。
平成20年4月 2〜3歳児用「ポピっこももちゃん」発刊。
幼児ポピー改訂、小学ポピー改訂。
11月 村上和雄先生 第5代総裁にご就任。
12月 学習ソフト「遊べる英語 ワードマジックDS」発刊。
平成21年4月 移行措置に対応した小学ポピー用、および中学ポピー用の冊子を発刊。
平成22年 ポピーWEBサイトをリニューアル。
ハイレベルワークを発刊。
平成23年 新学習指導要領実施にともない小学ポピーを改訂。
平成24年 新学習指導要領実施にともない中学ポピーを改訂。
平成26年 幼児ポピーを改訂。