幼児教育、家庭学習教材のポピー トップページ幼児ポピーヒゲおやじ先生の脳コラム > 2006年7月号

ヒゲおやじ先生の脳コラム

篠原菊紀先生
2006年7月号 イヤイヤ回路とおつき合い
ほほえみお母さん&お父さん」7月号より
脳の奥には・・・

脳の奥には・・・脳の奥にはおそろしい魔物がいます。

イヤだ、嫌いだ、という気持ちを増幅させ、イヤなことばかりを思い出させ、ついにはイイ思い出までイヤ色に染め替えていく。
そうして、やる気をそぎ、新しい考えを浮かびにくくして、イヤな考え、イヤな気分だけで頭をいっぱいにする魔物です。

魔物の正体

魔物の正体その正体はパーペッツ回路、俗にイヤイヤ回路などと呼ぶこともあります。

好き嫌いの中枢、扁桃体がイヤだと判断すると、その興奮が記憶の中枢、海馬への情報ゲートを開き、イヤな気分とイヤなことを結びつけてしっかりと記憶させます。

これは生き物にとって必要なことです。
例えば敵に襲われたり、気持ちの悪くなるものを食べたりした時、そのことをしっかりおぼえておかないと生き残れないからです。

しかし、現代では自分を食べてしまう敵や、食べると毒であるものを口に入れる機会は激減しています。
イヤイヤ回路が無意味に働いて、イヤな気分がぬぐえないことの方が大問題です。

魔物と戦う

魔物と戦う梅雨のうっとうしさ、子どもとずっとつき合うわずらわしさ、だんなのふがいなさ、みなイヤイヤ回路のえさになります。
隣の奥さんのいやみな視線などはかっこうのえさです。

とはいっても、この魔物の好みは個人個人でちがいます。
人と話すのが最高のえさになるものもいれば、家事をせかされるのが好物な魔物もいます。
魔物と戦うためにはまず相手を観察することが必要です。

魔物のえさ、苦手

魔物のえさ、苦手何が大好物で、何が苦手か、じっくり観察しましょう。
好物は案外すぐに見つかりますが、苦手はなかなか見つかりません。
その後、気分が良くなってしまうからです。

それでも、魔物の苦手を見つけておくと、後々のイヤイヤ回路発動に対処しやすいですから、もう必死で探しておきましょう。
子どもの笑顔?給料日?
おおきなおなら、なんてこともあります。

うまく見つかると、上の図のヤコブレフ回路が働きやすくなって、イヤイヤ回路が止まります。
場合によっては好き好き回路に変身します。
あなたの魔物の、大の苦手を探しておきましょう。

←脳コラムトップ(最新号)へもどる ↑ページの上へもどる
↑ページの上へもどる
| 幼児ポピー教材紹介 | ほほえみお母さん&お父さん |