お子さまの英語入門でお悩みの方、必見! お子さまの英語入門にぴったりの教材!

何から始めればいいのかわからない… そんな保護者の方必見です!
「ポピーKids English」は小学校の英語の授業にご家庭で楽しく備えられる教材です! 「ポピーKids English」は小学校の英語の授業にご家庭で楽しく備えられる教材です!

お電話でのお申込み
【TEL:0120-627-700
(平日9:30~18:00)

「ポピーKids English」をおすすめする3つの理由


音声ペン
楽しく取り組める!

「ポピーKids English」には、ペンで絵や文字をタッチすると音が出て遊び感覚で楽しめる『ポピペンBook』と、物語を楽しめる『おはなしBook』があります。音声ペンで絵や文字をタッチしながら、遊び感覚で英単語や表現に目と耳からくり返し触れます。

↓下の画像をクリックして、
ポピペンを体験してください♪

ポピペンBook【レベル①(年中~小1)】
家庭生活を中心に、お子さまの身近な単語や表現に触れます。

ポピペンBook【レベル②(年長~小2)】
家庭から友だち関係へとコミュニケーション範囲が広がります。

ポピペンBook【レベル③(小1~小3)】
学校や季節の行事も扱い、さらに世界が広がります。

ポピペンBook【レベル①(年中~小1)】
英語であいさつをしてくれる動物のほうを通って進む迷路です。

ポピペンBook【レベル②(年長~小2)】
水槽に普通にあるはずのないものを見つけます。

ポピペンBook【レベル③(小1~小3)】
絵の子どもが何曜日のことを言っているか聞いて、選択肢から選びます。


正しい英語の音に
慣れ親しめる

音声ペンやCDで、ネイティブスピーカーの正しい英語の発音をくり返し聞き、「英語耳」を育てます。「おはなしBook」では、話が理解しやすい有名なお話を扱っています。CDでは英語だけでなく、日本語も聞けるようになっているので安心!

↓CDの音源を視聴する♪

おはなしBook【レベル①(年中~小1)】
わらの家がふきとばされるシーンです。

おはなしBook【レベル②(年長~小2)】
小さいやぎは無事に橋を渡れるでしょうか?

おはなしBook【レベル③(小1~小3)】
るすのくまの家に入った女の子は、何をしているでしょう?

ポピーKids Englishで
「聞く」「話す」の基礎を

井守先生 小学3・4年生の英語では主に「聞く」「話す」技能を育てます。英語の発音のもっとも効果的な学習時期は、耳の発達がほぼ完成する5~6歳と言われています。5~6歳のうちから「ポピーKids English」で、遊びながら英語を繰り返し聞いていると、自然に口に出して真似するようにもなり、「聞く」力だけでなく「話す」力も育ちます。

~子ども英会話教室の井守先生が解説~


小4までに習う単語・表現を
すべて収録!

「ポピーKids English」は、お子さまの成長に合わせた3レベルをご用意。レベル①~③までの教材の中で小学校3・4年生で学ぶ単語と表現をすべて扱っているので、楽しみながら自然に小学英語の準備ができます。

英語学習のスタートには、
入門編のレベル①からが最適
です。

レベル推奨年齢月会費(税込)
年中~小11,680
年長~小2
小1~小3

※初回月のみ、月会費とは別にポピペン3,300円(税込)をご購入いただきます。

お電話でのお申込み
【TEL:0120-627-700
(平日9:30~18:00)

センパイママからのアドバイス

子どもが一人でも楽しく取り組める!

岡山県 M様(小1・取材当時の年齢)

子どもが好きな迷路や間違い探しなどのページで、何度も遊び感覚で楽しんでいますね。以前使用していた教材は保護者が付いていないと進んでしなかったのですが、「ポピーKids English」は子どもが一人でも楽しく学べる気がします。親が英語が苦手でも、ポピペンが先生になって教えてくれるので、小学校3年生から始まる英語の授業も安心です。

「ポピーKids English」を使ってみました! 「ポピーKids English」を使ってみました!
ポピー Kids Englishポピー Kids English

お電話でのお申込み
【TEL:0120-627-700
(平日9:30~18:00)

「ポピーKids English」って
どんな会社が作っているの?

「ポピーKids English」は、幼児~中学生の家庭学習教材「月刊ポピー」を発行している株式会社新学社が作っています。新学社は、全国の小・中学生を対象に、ワークブックやドリル、問題集など学習教材を発行し、全国の特約店を通じて学校へ提供している会社です。お子さまがより良い家庭学習、復習に取り組めるよう「月刊ポピー」「ポピーKids English」の編集を行っております。

ポピー×LINE@