ぽぴとぴねっと
>ポピートップページ 中学ポピー教材紹介 お客さま窓口
ぽぴとぴねっとTOPへもどる
  TOP ≫ 俳句コンテスト入選作品発表
俳句コンテスト2016 入選作品発表
選者より
中学生という年代が捉えた秋には、移り行く季節の寂しさとともに、青春の熱い思いが表現されているようです。秋の情景を分かりやすい言葉で素直に表現しているものや、いろいろ調べたのだろうなと思われる力作もありました。17音の世界に、思春期の揺れる心を垣間見たようです。これからも五感を研ぎ澄まし、日々の感動を素直に表現してほしいと思います。
村田稔子先生  
最優秀作品
軒下の吊るされた柿に祖母の顔
愛知県 3年 おんぷうさぎ
作者のおばあさんが毎年干し柿を作られるのでしょうか。揺れる干し柿に優しいおばあさんの笑顔が重なります。日の当たる縁側で、甘い干し柿をほおばりながらお話しする、楽しい団らんの様子が目に浮かびます。
キンモクセイ
優秀作品
二人きり紅葉狩する帰り道
栃木県 3年 小林恵介
学校の帰り、それとも図書館で勉強した帰りでしょうか。夕暮れの紅葉が辺りを一層赤く染める映像が浮かびます。そんな中、お友だちと将来の夢など語りながらの帰り道は、まさに青春の1ページですね。
鬼灯が割れて出てきた珊瑚玉
東京都 2年 渡邉早紀
東京の浅草寺の鬼灯市は、毎年大勢の人でにぎわいます。鬼灯が秋、珊瑚玉が冬の季語ですが、オレンジ色の提灯のような袋が割れて現れた、鬼灯の艶やかな丸い実を珊瑚玉に例えた美しい句だと思います。
 
秋風やもぞもぞ動く木の葉たち
兵庫県 1年 秋もいい♡
秋風に季節の変化を感じ、足元を見ると落ち葉が動いて見えました。その下では多くの生き物が冬越しの準備をしています。「もぞもぞ動く」という表現は、そんな小さな命への優しさを感じさせます。
イチョウ  
 
 このページの上へもどる
MAIN MENU
今月・来月号のぽぴとぴあ
恋バナ相談に答えよう
懸賞クイズ当選者発表
TOKOランドに投稿!
ポピー勉強法に投稿!
編集部の部屋
連載小説電子版
1年ちび恐竜と絵留の日々
2年魔法使いのステージ
3年ソラシ
ぽぴとぴあ編集部へメール
| 定期テストとポピーの対応お知らせサービス |
| 授業進度対応サービス |
Copyright (c) 2015 Zenkaken. All Rights Reserved.