トップページ > 全家研について

全家研について

全家研について

全家研(正式名称:全日本家庭教育研究会)は、昭和48年(1973年)に発足以来、 お母さん方からの共感の輪に支えられ、「月刊ポピー」を通じて、草の根の家庭教育運動をたゆまずに展開してきました。 全家研は、京都に本部を設置し、全国に約450の支部があります。 本部では、教材「月刊ポピー」の企画が行われ、全国の支部および 教育モニターを通じて、各会員のご家庭へお届けしています。 また、全家研では独自の「教育対話制度」により、教職経験豊かな「教育対話主事」の先生を中心として、全国の会員を対象に、子育て・教育相談、教育講演会、母親セミナー、ポピー教室などを実践し、きめ細やかな家庭教育への支援を行っています。


理念

ポピーは、「家庭教育五訓」を理念として教材を制作し、皆さまにお届けしています。

一、親は、まず、暮らしを誠実に

親がいいかげんなくらし、ごまかしたくらしをしていながら、子どもにだけ、よい習慣や勉強を求めてもだめです。誠実なくらしとは、自分の職業や仕事を、まじめに心をこめてすることで、その中には、また、自ら考えるとか、人から聞くとか、やはり広い意味での勉強も必要です。

二、子どもには、たのしい勉強を

ここで大切なことは、子どもに無理な注文をしないことです。どのようにたのしい勉強をさせるか。これには我慢や工夫が必要です。自分から進んで勉強し、自分に合った勉強法を身につけるためには、毎日、勉強を続けることです、それだけで、よい習慣づくりになります。

三、勉強は、よい習慣づくり

勉強の習慣が、ほんとうに身につけば、よい習慣づくりのもとになります。 生活の面でも、学習の面でも、それが習慣にならないと、ほんとうに身についたとはいえません。

四、習慣づくりは、人づくり

子どもにとって、生活と学習は不即不離であります。 勉強のよい習慣も、生活のよい習慣も、それらは互いに交流して、おのずから人間づくりにつながります。

五、人づくりは、人生づくり

人間ができれば、おおよそ、ほんとうの望ましい人生が与えられると思います。

この「家庭教育五訓」は、全家研・初代総裁の平澤興(ひらさわ こう)先生が子どものたくましくすこやかな成長を願って、祈りをこめてお考えになったことばです。全家研は、この精神を受けて「楽しい勉強」「学習の習慣づくり」を大切に考え、学齢や学習目的に合わせた家庭学習教材「ポピー」を、40年にわたってお届けしています。


沿革

昭和48年 1月 全日本家庭教育研究会発足、小学ポピー発刊。
4月 中学ポピー発刊。
昭和49年 4月 各本部に教育相談室を開設。文書による教育相談開始。
9月 全国モニター代表者大会開催。(京都国際会議場)
11月 全家研の教育運動を「教育対話活動」と決める。
昭和50年 1月 全家研教育対話主事会設立総会開催。
5月 この頃、各支部にモニター会結成。
9月 全国的に新聞広告。「伸ばそうすくすく尊いよい子」「子供には誰にでも無限の可能性があります。」の主張が世の注目を集める。
昭和51年 4月 幼児用「よいこのポピー」発刊。幼・小・中一貫の家庭教育システムへの展望がひらける。
昭和53年 4月 「こころの文庫」発刊。国民的教養の必読書と世の注目を集める。
昭和55年 5月 平澤興先生が全家研総裁、鯵坂二夫先生が財団理事長に就任される。
昭和61年 1月 PHP研究所と提携して、子育て誌「お母さんポピー」(隔月刊)発刊。
昭和62年 4月 幼児の知育教材「ぐんぐんポピー」(年長版)発刊。
5月 子育て誌「お母さんポピー」月刊化。
平成元年 4月 小学生新聞を「あそびんぴっく」として紙面刷新。
6月 全家研総裁・平澤興先生ご逝去。
7月 鯵坂ニ夫先生 第2代総裁にご就任。
平成2年 4月 子ども英語月刊ビデオ「アップルポピー」グレードⅠ発刊。
平成9年 4月 2~3歳児の月刊総合学習絵本「にこちゃんポピー」発刊。
平成13年 4月 外山滋比古先生 第3代総裁にご就任。
平成17年 10月 伊藤桂一先生 第4代総裁にご就任。
平成18年 4月 幼児用「ポピっこドリるん」発刊。
平成19年 12月 学習ソフト「わくわくDS1ねんせい」発刊。
平成20年 4月 2~3歳児用「ポピっこももちゃん」発刊。幼児ポピー改訂、小学ポピー改訂。
11月 村上和雄先生 第5代総裁にご就任。
12月 学習ソフト「遊べる英語 ワードマジックDS」発刊。
平成21年 4月 移行措置に対応した小学ポピー用、および中学ポピー用の冊子を発刊。
平成22年 4月 ポピーWEBサイトをリニューアル。 ハイレベルワークを発刊。
平成23年 4月 新学習指導要領実施にともない小学ポピーを改訂。
平成24年 4月 新学習指導要領実施にともない中学ポピーを改訂。
平成26年 4月 幼児ポピーを全訂。
平成27年 4月 小学ポピーを改訂。
平成28年 4月 中学ポピーを改訂。

組織図

全家研は、本部と約450の支部(普及拠点)で構成されており、各支部にはそれぞれ支部長や教育対話主事、教育モニターが所属しています。
2歳児から中学3年生までの会員に対し、教材のお届けや教育相談をはじめとする、各種会員サービス事業を展開しております。
月刊ポピーは「株式会社新学社」が編集・出版を行っています。新学社は全国の小・中学校でご採用いただいているテスト、ドリル、資料集などの副教材を発刊しております教育出版社です。

全家研ポピーの願い


10分よりそい、
子どもには、
たのしい勉強を!

願いをかなえるために

  1. 子どもの話は目を見て、心で聴きましょう
    「聴く」という字には、目と心の字が入っています。「お母さん、あのね…」という子どもの声に、手を休め、子どもの目を見て、「なあに」と答えるお母さん。話を最後までうなずきながら聞いてくれるお父さん。10分のよりそいが心で聴くゆとりを生みます。
  2. 家庭学習をする時間と場所を子どもと約束しましょう
    家庭学習の約束事を決めたら、親子で実践し、習慣化します。習慣化するまでは、特に、初めの10分のよりそいが鍵です。笑顔で促し、取り組む姿勢が見えたらほめます。そして、約束が実践できたことを認め、励ましながら、習慣化へと導きます。習慣化は、勉強への自信につながるのです。
  3. 子どもを「ほめて」「みとめて」「だきしめて」育てましょう
    子どもはいつでも「ほめてほしい」「認めてほしい」「抱きしめてほしい」と求めています。10分よりそいの「親子の時間」を作ったら、1つほめましょう。結果だけでなく、「最後までやりとげたね」などと経過を認めて励ましましょう。そして、あるときは、ぎゅっと抱きしめて温かさを伝えましょう。