幼児教育、家庭学習教材のポピー トップページ >ご入会いただいた方の声

ご入会いただいた方の声

幼児ポピー 小学ポピー 中学ポピー

幼児ポピーをお使いの会員さまの声

これだけできて、月980円はお得です! あかどり(年中)
「かず」「ひらがな」「書く」「シールをはる」…。ひと月に色々なことができるのが良いです。980円でこれだけできるなら、とてもありがたいです。特にドリル系は本屋さんで買うとそれだけで1000円くらいすると思うんですけど、ポピーならいろいろできて、この値段はすごいお得だなと思っています。
子どもが喜んでやりたくなる要素がたくさん! あおどり(年長)
この会費では安すぎるぐらいのワークの量とその中身のすばらしさに驚きました!『ドリるん』も『わぁくん』も、子どもが喜んでやりたくなる様なシールやパズルやめいろなどの要素が盛り込まれていて、届いてすぐに「わぁ!これやりたい!」と子どもが喜んで自分からページをめくっていました。色合いや挿し絵、字のサイズもちょうど年齢に合っていると思います。
お兄ちゃんは他教材の通信教育を受講していましたが、娘はデジタルっぽい教材やテキストのアニメにあまり興味がないようでした。
もっと早くポピーに変えていれば良かったです!!
大好きなももちゃんと一緒に成長していける ももちゃん(2〜3歳)
2歳の娘がももちゃんデビューをしました。おかげで早々と色の区別ができるようになりました。言葉は遅かったのですが、言葉の早かった長男と比べても随分早くてビックリ!!ももちゃんが大好きで、自然と身についているようです。
楽しく子どもと過ごせる、大切な時間 きいどり(年少)
仕事を始めて、思っていた以上に生活が慌ただしくなり、なかなか子どもとじっくり向き合う時間が持てなくなりました。 でも、ポピーの教材を一緒にやると、忙しい日々を忘れ、楽しく子どもと過ごす時間が持てるようになりました。子どもにとっても親にとっても、大切な時間です。
懐かしい遊びなどが良い あおどり(年長)
ポピーは懐かしい遊びなどを載せてくれるので、自分の子供時代を思い出します。
ゲームやパソコンなどで遊ぶよりずっと良いと思うので、今後も期待しています。
幼児ポピー教材紹介はこちら

小学ポピーをお使いの会員さまの声

ポピーとバレーを両立!親子の会話も増えました (小学3年)
2年生まで他の学習塾に通っていましたが、バレエをもっと頑張りたいとの本人の強い希望により、自宅で自分のペースで学習できる通信学習に変えました。付録がないのが私には魅力でした。 毎朝、宅習として勉強しています。朝の短い時間のなかでちょうど良い量の問題になっています。娘たちが登校して答え合わせして、間違いには付せんを付け帰宅してから、翌日に間違いを正しくなおしてると自然と会話がとても多くなって、子ども達の興味関心に寄り添えるようになりました。
テスト前になると予想問題のように使えて助かる (小学3年)
学校のテストで100点が取れた時、「嬉しい!ポピーをやっていて良かった!」と言っていました。「これからもずっと続けたいです。中学生になっても!」とやる気満々になっていました。 私(母)も小学生の頃からポピーをやっていました。中学生になると、テスト対策や受験対策にもなり、勉強しやすかったので、息子にもポピーをさせることにしました。 要点がまとめてあり、予習にもなります。テストもついているので、テスト前になると予想問題のように使えて助かっています。学期末テストもあるので、復習にもなり、力がつくと思います。兄はハイレベルワークもやっていますが、実力アップできる教材だと思います。
ポピーで子どもと向き合える時間を (小学3年)
幼稚園の時、きいどりの「おためし見本」をして気に入り、入会しました。付録についていた「親子で遊べるカードのゲーム」などは、今でも時々遊ぶほど楽しませて頂いています。 ポピーの気に入っているところは、
教科書に沿った内容であること
玩具的な付録ではなく、読み物の別冊が充実していること(「ぴかり!!」や「こころの文庫」)
・親に向けた情報誌(Popy-f)の内容
などです。
ポピーで子どもと向き合える時間を (小学5年)
私は、ポピーの丸付けをするときに、答えを見ないでしています。5年生にもなると内容も難しくなっていますが、私も頭をフル回転。子どもは私が丸付けをしているところを嬉しそうな顔で覗き込んでいます。対等に向き合える、とても大切な時間を「ポピー」にいただいています!
シンプルだから理解しやすい! (小学5年)
4年生の前半までは、宿題も家庭学習も子ども任せで通信教材を与えて、そのまま子どもだけで自分の部屋で勉強をさせていました。4年生になって勉強も難しくなったせいか、成績がガタっと落ち、親のかかわりの少なさを反省。宿題、家庭学習をダイニングテーブルでやらせ、丸つけも親がやりながら間違えた部分のアドバイスをしたところ、成績を戻すことが出来ました。4月からはシンプルで見やすいポピーに変え、今年から1年生の次男と一緒に毎日ポピーを頑張っています。二人とも1ページごとに貼るシールが大好きです。特に次男は「シールがないとポピーができな〜い」などと言っています。(笑) 
小学ポピー教材紹介はこちら

中学ポピーをお使いの会員さまの声

暗記バッチリの方法 (中学3年)
ポピーは、毎月の冊子のほかに、単語帳などがあるので、ノートに1つずつ20回くらい書きます。 そして、別の紙に読みと書きの両方をうつし、片方ずつテストします。これで暗記ものはバッチリ! 歴史などは、ひたすらノートに書き、寝る前に音読しています。 このやり方で私は歴史のテストが30点から90点にアップしました!
「定期テスト対策」でバッチリ! (中学1年)
定期テストの日に、「定期テスト対策!予想問題集」を学校に持って行って復習しました。"テスト直前にチェック!"をやってからテストに望むと、似たような問題が出て、英語はいい点をとれました。ほかにも、保・体や技術などの実技も、ポピーの「実技の要点」を持って行って、赤フィルターをつかって、友だちと問題を出し合ってやっていました。これも全く同じ問題が出て、「あっ!さっきやった!」と解くことができました。すごく役立つなあと思いました☆
ポピーのおかげで、第一志望の高校に合格!
私の勉強法は、定期テスト前の場合は、まず、ポピーの定期テスト対策をします。なんと、ポピーでやった問題がたくさん出ました☆特に国語の古文では、解いた問題が全部出題されました。ラッキーでした(笑)。ほかには『おぼえるモード』や『入試5科の要点』などは、ベッドやかばんの中につねに入れて、寝る前や外へ出かけるとき暇な時間に見ると効果的だし、単語が覚えられて一石二鳥です。
ポイントをおさえて、部活と勉強の両立! (中学2年)
学年末テストまであと3日という、すごくあせっている時に「中2の総しあげ」が届きました。学校の先生は「中2でやったところ」などという、おおざっぱな指示しかしてくれなくて、どこをどんなふうにやったらいいのか不安でいっぱいだったので、大事なところに印もついているこの教材がすごく役に立ちました!「ココがポイント!」というちょっとした説明もあったので、めんどくさがり屋の私でも頑張ってみようかな?と思えました。忘れていた単語も思い出せたので、この教材があって本当によかったです。 来年度は受験生。 部活と勉強を両立して、これからもPOPYがんばります☆
中学ポピー教材紹介はこちら